アニメ、ゲーム好きな人へ商材を届けたい! デジタルマーケティング手法をご紹介 Part 2

 

こんにちは、Ads University編集部の松谷です。

 

この記事は、マイクロアドが発行している『UNIVERSE DATA CATALOG』をもとに、様々なデータを活用した広告配信手法を解説する連載ブログです。

 

※データ一覧はこちらに掲載しております。

 

▼こんな方におすすめです

・アニメ、ゲーム関連商材の訴求をする方

・エンタメ商材の認知拡大をしたい方

・アイドル、俳優、女優など特定商材のファン層へ向けて広告配信をしたい方

・エンタメビジネスに関わる方

 

 

1.   ゲーム関連メディアデータの活用法をご紹介

    1.1アニメ!アニメ!』アニメとマンガの総合ニュースサイト

    1.2Game8』月間4,200万人が訪れるゲーム総合情報サイト

    1.3Game Watch』ゲームの速報レビューサイト

    1.4AppBank』iPhoneユーザー向けの情報発信サイト

 

2.  マイクロアドが提供するゲーム関連のメディアデータを活用したターゲティング

 

3.  まとめ

 

 

 1.  アニメ・ゲーム関連メディアデータの活用法をご紹介

 

前回は、アニメやゲームなどエンタメ業界全般のユーザー特徴を解説し、エンタメ関連のメディアデータと活用例を5つご紹介しました。

・Gamer
・Online Gamer
・Figgy

・inside
・GameSpark

※前回のブログはこちら

今回は、マイクロアドが提携しているゲーム関連に特化したメディアデータを活用したターゲティング手法を、更に5つご紹介します。

 

  1.1『アニメ!アニメ!』アニメとマンガの総合ニュースサイト


 

■URL:https://animeanime.jp/

 

アニメの総合ニュースサイトです。

アニメビジネスやアニメ産業、海外のアニメ事情・マンガ事情など、アニメとマンガの情報を幅広く提供しています。

 

■ユーザー属性

 

■ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 イベントチケットの訴求

┗アニメの音楽・アーティストの記事を閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 新作ゲームの訴求

┗「アニメ・映画・ゲーム」関連記事を閲覧しているユーザーに広告配信

 

例3 競馬のプロモーション訴求

┗サイト全閲覧ユーザーに広告配信

 

 

  1.2『Game8』月間2000万人が訪れるゲーム総合情報サイト


 

 

 

■URL:https://game8.jp/

 

月間4,200万人が閲覧している国内最大級のゲーム総合情報プラットフォームです。

最新情報・攻略情報・お役立ち記事など、ゲームを楽しむための情報を豊富に掲載しています。100タイトル以上の人気のアプリ、新着ゲームやセール情報などもリアルタイムで更新しています。

 

ユーザー属性

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 新発売のゲームソフトの訴求

┗コンシューマーゲームページを閲覧しているユーザーの訴求

 

例2 自社商品のゲームの認知訴求

┗競合ゲームやページを閲覧しているユーザーの訴求

 

例3 特定シリーズのゲームアプリの訴求

┗特定タイトルのゲームアプリ情報を閲覧しているユーザーの訴求

 

 

 1.3『Game Watch』ゲームの速報レビューサイト


 

■URL:https://game.watch.impress.co.jp/

 

ゲームの最新情報・速報・レビュー・攻略サイトです。

コンシューマー機やPC、アーケードなどのゲームソフト情報から、新型ゲーム機等のハード情報や深く掘り下げたゲームレポート、国内外のイベントまで、幅広くゲーム情報を配信しています。

 

ユーザー属性

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 最新ゲームソフトを訴求

┗人気の家庭用ゲーム機ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 エナジードリンクの訴求

┗eスポーツ関連ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例3 ゲーミングチェアの訴求

サイト全閲覧ユーザーに広告配信

 

 

  1.4『AppBank』iPhoneユーザー向けの情報発信サイト


 

■URL:https://www.appbank.net/

 

iPhoneユーザーに特化した総合メディアです。

iPhoneを中心としたスマホユーザー向けの情報を数多く発信しており、ゲームやアプリだけにとどまらず、スマホ周辺アクセサリーに関するニュースも配信しています。

 

ユーザー属性

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 パズルの新作ゲームの訴求

パズルジャンル関連ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 オンラインゲームの訴求

RPGゲーム関連ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例3 ゲームサイトの会員登録訴求

┗アプリ・ゲームページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

 

  2マイクロアドが提供する富裕層向けターゲティング

 

マイクロアドでは、エンタメ業界に特化したマーケティングデータプラットフォーム『Circus』を展開しています。

 

『Circus』は、上記で紹介したエンタメ関連メディアはもちろんのこと、オンライン雑誌や購買データを活用してユーザーの行動傾向を蓄積・分析して広告施策に生かしています。

特定の女優や芸能人、ドラマ・アニメコンテンツなどに親和性の高いユーザーを抽出することで、LTVの高い広告配信が可能です。

 

※LTV:顧客生涯価値。Life Time Valueの略で、ある顧客から生涯に渡って得られる利益を指す。

 

 

▼Circusのセグメントで出来ること

 

  3. まとめ

 

この記事では、アニメ・ゲームに関連するメディアデータの概要とデジタルマーケティング手法について解説しました。

 

上記でのセグメント活用はほんの一例になりますので、広告主様ごとのご希望のターゲットに沿って独自のセグメントを作成し、配信することも可能です。

是非お気軽にご相談ください。

 

資料ダウンロードはこちら

 

 

 

※本セグメントの内容は最新情報とは異なる場合がございます。

ターゲティングやデータの利用可否については都度お問い合わせください。

 

ファン層に広告配信!映画関連データを活用したデジタルマーケティングとは?
オンライン上でのエンターテインメントビジネスが盛り上がりを見せている今、エンタメコンテンツの認知には、インターネット上での発信が欠かせません。 今回は、5つの映画関連データを活用したデジタルマーケティング手法をご紹介します。 コロナ禍で誕生したニューノーマルな生活・嗜好に合わせた広告配信手法を見ていきましょう。
エンタメビジネス担当者必見! ファンの意思や行動に合わせたマーケティング施策とは?
SNSや口コミサイトなどでファン同士の気持ちをシェアできる現代において、デジタル上で興味があるコンテンツを調べる行為はもはや当たり前になっています。 今回はそのようなユーザーのオンラインデータを活用したエンタメに関するマーケティング施策をご紹介します。