アニメ、ゲーム好きな人へ商材を届けたい! デジタルマーケティング手法をご紹介 Part 1

こんにちは、Ads University編集部の松谷です。

 

この記事は、マイクロアドが発行している『UNIVERSE DATA CATALOG』をもとに、様々なデータを活用した広告配信手法を解説する連載ブログです。

 

※データ一覧はこちらに掲載しております。

 

▼こんな方におすすめです

・アニメ、ゲーム関連商材の訴求をする方

・エンタメ商材の認知拡大をしたい方

・ゲームマーケティングに興味がある方

・エンタメビジネスに関わる方

 

 

1.  アニメ・ゲーム業界の概要

    1.1  アニメ業界

    1.2  ゲーム業界

 

2.  アニメ・ゲーム関連メディアデータの活用法をご紹介

    2.1Gamer』最新ゲーム情報をお届けするゲーム総合情報サイト

    2.2Online Gamer』400タイトル以上のオンラインゲーム情報を掲載するサイト

    2.3Figgy』フィギュアに関する総合情報サイト

    2.4inside』人生にゲームをプラスするメディア

    2.5GameSpark』ハードコアゲーマーのためのWebメディア

 

3.  マイクロアドが提供するゲーム・アニメ関連のメディアデータを活用したターゲティング

 

4.  まとめ

 

 

 1. アニメ・ゲーム業界の概要

 

  1.1 アニメ業界


 

アニメ産業は、ここ10年で市場規模が拡大しています。

 

日本動画協会のアニメ産業レポート2021によると、2020年の国内アニメ市場は新型コロナウイルスの影響により、前年比96.5%の2兆4,261億円となりました。
しかし、動画配信サービスの普及もあいまって、国内外ともに、需要と業界規模が拡大していくと予想されます。

 

10年前までは、「アニメ=一つのオタク文化」として、一部の人のみに浸透しているマイナーなものというイメージが根付いていました。

しかし、今やアニメは日本を代表するサブカルチャーとなり、様々な年代に根付いています。

 

さて、アニメを頻繁に見るユーザーには、どんな共通の特徴があるのでしょうか。

好みは一人一人異なりますが、アニメが好きなユーザーに共通する心理として、以下のものが挙げられます。

 

・リフレッシュしたい

・一人の時間が好き

・エンタメコンテンツを見て気分転換をしたい

 

日本では、幼少期からマンガやコミックを読んでいるユーザーが多く、話題作がアニメ化されることも多いため、アニメが親しみやすいコンテンツとなっています。

 

 

  1.2 ゲーム業界の概要


 

ゲーム産業も盛況を見せています。

業界動向サーチによると、2020年-2021年のゲーム業界の業界規模(主要対象企業34社の売上高の合計)は6兆6,576億円となっています。

 

クラウドゲームやeスポーツの人気が高まっており、ゲームも徐々に生活に浸透していることが分かります。

 

 

 2.  ゲーム関連メディアデータの活用法をご紹介

 

ここでは、アニメとゲームに特化したWebメディアのデータ活用方法をご紹介します。

 

  1.1『Gamer』最新ゲーム情報をお届けするゲーム総合情報サイト


 

 

 

■URL:https://www.gamer.ne.jp/

 

コンシューマー、スマートフォンなど最新ゲームニュースを配信するゲーム総合情報サイトです。


■ご提案可能なセグメント活用例

例1 エナジードリンクの訴求

┗eスポーツページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 ゲーミングチェアの訴求

┗ゲーム一覧ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

 

  1.2Online Gamer400タイトル以上のオンラインゲーム情報を掲載するサイト


 

 

■URL:https://www.onlinegamer.jp/

 

新作オンラインゲームの情報はもちろん、アップデート・イベント・キャンペーンなどオンラインゲームに関するニュースを毎日配信しています。

オンラインゲーマーが書いたレビュー等も簡単に検索・閲覧することが可能です。

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 最新ゲームアプリの訴求

┗レビューページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 ボートレースの来場促進訴求

┗オンラインテーブルゲームに関するページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

 

  1.3Figgyフィギュアに関する総合情報サイト


 

 

■URL:https://www.figgy.jp/

 

Figgyは、フィギュアを作品別・キャラクター別・原型師別など様々な視点で探せるフィギュア総合情報サイトです。

 

豊富な画像を掲載したフィギュアのデータベースはもちろん、ホビーイベントなど最新のニュース記事も掲載しています。

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 フィギュアの訴求

┗最新フィギュア情報を閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 アニメ関連の店舗来店訴求

┗サイト全体を閲覧しているユーザーに広告配信

 

 

  1.4『inside』人生にゲームをプラスするメディア


 

 

 

■URL:https://www.inside-games.jp/

 

インサイドは家庭用からスマホゲームまで幅広くカバーし、“人生にゲームをプラスする“をテーマにしたニュース&コミュニケーションメディアです。

家庭用ゲームからソーシャルゲームまで幅広いジャンルの情報配信をしています。

 

ユーザー属性

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 デジタルカメラの訴求

┗写真関連ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 最新ゲームの訴求

┗アクセスランキング・特集ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

 

  1.5『GameSpark』ハードコアゲーマーのためのWebメディア


 

 

 

■URL:https://www.gamespark.jp/

 

ゲームに情熱を注ぐハードコアゲーマーに向けたメディアです。

国内のゲーム情報だけでなく、北⽶や欧州など海外情報も取り扱い “グローバル”な視点で情報を配信しています。

 

ユーザー属性

 

ご提案可能なセグメント活用例

 

例1 ファミリー向け菓子の訴求

┗家庭用ゲームページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

例2 スマートフォン・タブレット端末向けのデジタルコミックの訴求

┗マンガ関連ページを閲覧しているユーザーに広告配信

 

 

  3.  マイクロアドが提供するゲーム関連のメディアデータを活用したターゲティング

 

マイクロアドでは、エンタメ業界に特化したマーケティングデータプラットフォーム『Circus』を展開しています。

 

『Circus』は、エンタメコンテンツへの興味関心に基づいた、多彩なターゲティング配信を可能にします。1,000種類以上の詳細なカテゴリーセグメントにより、プロモーション内容に合わせたターゲティングで広告配信が可能です。

 

上記で紹介したゲーム関連メディアへのアクセスデータや、購買データを活用し、感度の高いユーザーへの広告配信を実現します。

 

 

 

 4. まとめ

 

この記事では、ゲームに関連するメディアデータの概要とデジタルマーケティング手法について解説しました。

 

上記でのセグメント活用はほんの一例になりますので、広告主様ごとのご希望のターゲットに沿って独自のセグメントを作成し、配信することも可能です。

是非お気軽にご相談ください。

 

資料ダウンロードはこちら

 

 

 

※本セグメントの内容は最新情報とは異なる場合がございます。
ターゲティングやデータの利用可否については都度お問い合わせください。

 

ファン層に広告配信!映画関連データを活用したデジタルマーケティングとは?
オンライン上でのエンターテインメントビジネスが盛り上がりを見せている今、エンタメコンテンツの認知には、インターネット上での発信が欠かせません。 今回は、5つの映画関連データを活用したデジタルマーケティング手法をご紹介します。 コロナ禍で誕生したニューノーマルな生活・嗜好に合わせた広告配信手法を見ていきましょう。
エンタメビジネス担当者必見! ファンの意思や行動に合わせたマーケティング施策とは?
SNSや口コミサイトなどでファン同士の気持ちをシェアできる現代において、デジタル上で興味があるコンテンツを調べる行為はもはや当たり前になっています。 今回はそのようなユーザーのオンラインデータを活用したエンタメに関するマーケティング施策をご紹介します。